家庭用キャビテーションのおすすめランキング!5商品を比較した結果、、!

 

家庭用キャビテーションをご存じですか?

 

キャビテーションはエステでも人気で、超音波で脂肪を溶かし部分痩せが期待出来ます。そんなキャビテーションを自宅で簡単に出来るのが家庭用キャビテーション機器。

 

今回は家庭用キャビテーションのなかでも人気が高い5商品について調べてみました。

 

おすすめランキングや選ぶときのポイント、効果的な使い方なども合わせて紹介します!

 

\今すぐおすすめ知りたい方はこちら/

 

 

家庭用キャビテーションの選び方、比較のポイント

 

 

家庭用キャビテーションは色々なメーカーから販売されています。どんなところを見ながら選べば良いのか、そのポイントを紹介します。

 

使いやすいヘッドの大きさ

 

体に直接あてるヘッドの大きさは、使いやすさに関わってきます。具体的には、主に使いたい部分に適したものを選ぶことをおすすめします。

 

脚やお腹のように広い部分に使いたい場合は、大きめなヘッドのほうが便利です。反対に、二の腕のような細かい部分には、ヘッドが小さめのもののほうが使いやすいでしょう。

 

キャビテーション以外の機能

 

キャビテーションの機能だけでなく、プラスαの機能があると良いです。代表的なのはラジオ波とEMS機能です。

 

ラジオ波は肌の奥まで温めてくれる機能です。温かい状態のほうが、キャビテーションの脂肪分解作用の効率が良くなります。

 

EMS機能は電流で筋肉を動かすものです。あてるだけで勝手に筋肉が動くため、筋トレしなくても筋肉を鍛えられます。筋肉量が増えることで基礎代謝が上がりますし、キャビテーション後のEMSは脂肪燃焼を助けてくれると考えられます。

 

また、渾身効果だけでなく美肌効果も得たい場合は赤色LED付きのものを選びましょう。赤色LEDは肌のコラーゲン生成を促してくれるといわれています。

 

防水性で選ぶ

 

家庭用キャビテーションは防水機能があると便利です。特にお風呂の中で使いたいという場合には、必須の機能といえます。

 

お風呂で使わない場合でも、防水機能があれば使用後丸洗いすることが出来るので、お手入れがラクになります。お手入れが面倒だと使用するのも面倒になるので、防水機能があるものがおすすめです。

 

コスパで選ぶ

 

コスパで考えると、多数の機能性を兼ね備えているものということになるでしょう。キャビテーション機器とEMS機器を個別に購入すると、それぞれは安くても結果として高くなってしまう可能性があります。

 

またキャビテーション機器の使用には専用ジェルを使います。専用ジェル以外でも使用は出来ますが、効果の出やすさや万が一の故障を防ぐためには専用ジェルの使用がおすすめです。そのため、専用ジェルを安く購入できるもののほうが、長い目で見るとコスパが良いです。

 

買い方で選ぶ

 

家庭用キャビテーション機械は家電量販店で取り扱いがあるものもありますが、通販サイトで購入出来る人気商品もたくさんあります。

 

機械単品での購入、機械と専用ジェルとセットでの購入、専用ジェルの定期購入など販売方法はさまざまです。定期購入の場合は初回は機器本体とのセット購入となる場合が多いです。

 

定期初回は割引となり機器本体よりも安くなっていることが多いのでお得です。定期購入には継続回数が設けられていることもありますが、ジェルは消耗品でどちらにせよ購入する必要があります。

 

ジェル単品で購入し続けるよりも定期割引でお得に購入出来るので、定期購入出来るのなら定期購入がおすすめです。

 

【最強】家庭用キャビテーションのおすすめランキング5

 

ボニックプロ

 

 

単品価格 19,440円(税込)
定期価格 初回10,216円(税込)
どこの部位向き 脚※お腹、二の腕など気になる箇所に使える
機能性 キャビテーション・ラジオ波・EMS・充電式
防水性 あり

 

口コミ

ボニックプロを使い始めて、前よりも脚がスッキリとしました!特に難しいことはなく、使い方通りに使って、食事制限もしていません!

ちょっとピリピリした痛みも感じましたが、脚痩せに効果ありです。むくみもスッキリです。少しくらい面倒でも続ける価値アリですね。

 

 

キャビスパRFコア EX

 

 

キャビスパRFコア EXは、ボディ用美容機器カテゴリでメーカーシェア2年連続1の実績を持つ家庭用キャビテーションマシンです。

 

エステで人気のラジオ波・EMS・キャビテーションの三つの機能が揃っています。防水なのでお風呂でも使用可能。フェイスモードもあるので(ラジオ波・EMS)顔から体まで全身をケアすることができます。専用のゲルはバスト用と全身用から選べます。

 

単品価格 42,984円
定期価格 初回39,960円(税込)
どこの部位向き 顔・バスト・二の腕・脚・お腹
機能性 キャビテーション・ラジオ波・EMS
防水性 あり

 

全身に使うのは大変なので、太ももやお腹周りから始めました。使い始めてからセルライトが改善されたし、すっきりしてきと思います。

週に2〜3回使用。ちょっと面倒に思った時もあるけど、友人に「すっきりした」といわれたので、確かに効果はありました。

 

 

キャビリッチ

 

 

RIZAPのグループ会社から発売されているボディメイキング美容機器のキャビリッチ。ながらエステが可能なベルトとイプです。お腹、ウエスト、背中をしっかりカバーしてエクササイズ可能です。

 

家庭用キャビテーションではキャビリッチだけのローキャビテーションを採用しています。特殊なローキャビテーションは肌の中にしっかりと振動を伝えてくれます。

 

単品価格 73,440円(税込)
定期価格 -
どこの部位向き お腹、背中
機能性 キャビテーション・EMS・ベルト式
防水性 なし

 

年齢を重ねて運動しても痩せにくくなっていたのですが、キャビリッチを使い始めてからお腹周りがスッキリしてきました。

ながら作業でエクササイズできるので便利です。私は自分で運動する方が性に合っているけど、母はとても気に入って使用しています。

 

 

美ルル キャビアップ

 

 

丸型ヘッドが特徴の美ルル キャビアップは、ヘッドの材質にステンレスを使用しています。プラスチック製に比べると伝導性が良くなっています。

 

渾身効果が期待できるキャビテーション、温熱ラジオ波、EMSに加えて赤LEDも搭載。スキンケアに効果的な赤LEDを搭載することで、スキンケアも可能になっています。ボディケアと合わせてスキンケアも行いたい人にぴったりです。

 

単品価格 29,800円
定期価格 初回24,780円
どこの部位向き お腹、二の腕、太もも
機能性 キャビテーション・温熱ラジオ波・EMS・赤LED・充電式
防水性 なし

 

美肌エステにも使えるのが嬉しい。使ってみて太もものセルライトが解消されました。早めに効果を感じられて良かったです。

色んな機能が一つに備わっているり、自宅で手軽にエステ変わりになるのが良いですね。太ももがスッキリした感じです。

 

 

TBC セルボディシェイプ

 

 

エステでお馴染みTBCから発売されている家庭用ボディローラー。独自のエステティックローラーでも揉み解しながらケア出来ます。

 

ダブルバースト波EMSとラジオ波、ヒーターが搭載されています。TBCの技術が詰まったケアを1日10分で簡単に体験することが出来るので、エステに行きたいけれど時間がないという人にもぴったりです。

 

単品価格 29,800円
定期価格 -
どこの部位向き 顔、お腹、二の腕、お尻、太もも
機能性 ラジオ波、ダブルバースト波EMS、ヒーター、充電式
防水性 あり

 

ボディ用ローラーにラジオ波やEMS機能が付いているし、防水でお風呂でも使えるから簡単です。操作が簡単で手軽に使えます。

ローラーでマッサージする感じが効果ありそうで気に入っています。お風呂でも使えるしテレビ観ながらでもいいし。良い感じです。

 

 

家庭用キャビテーションの効果的な使い方

 

 

基本的な使用方法

 

基本的な使い方は難しくありません。まず使いたい部位に専用のジェルを塗ります。本体の電源を入れたら、あとは肌にあててゆっくりと動かしていきます。一度にあまり広い部位をやろうとはせず、手のひら1〜2枚ほどの範囲にしておくと良いでしょう。

 

脂肪を溶かしても、そのままでは排出されません。老廃物として排出されやすくなるように、使用後はリンパマッサージを行いましょう。

 

1回あたりの使用時間と頻度は?

 

商品にもよりますが、1回の使用は10分〜20分が目安です。長い時間やるほうが効果が出ると思いがちですが、目安以上の時間をかけても効果はないとされています。複数の部位に使用する場合、トータル20分〜30分を目安にすると良いでしょう。

 

使用頻度は週に3回ほどが目安です。

 

体を温めてから行う

 

1回10分ほどの限られた時間の使用で、より効果を上げたい場合には使用前に体を温めておくことをおすすめします。キャビテーションは脂肪を溶かして燃えやすい状態にします。体を温めることで脂肪が柔らかく分解されやすくなりますし、代謝も良くなりキャビテーションの効果をサポートします。

 

有酸素運動を取り入れる

 

キャビテーション前に有酸素運動をしておくのもおすすめです。有酸素運動は体内の脂肪燃焼に効果的です。あらかじめ脂肪燃焼しやすい状態にしてから使用することで効果がアップするでしょう。

 

注意点もきちんとチェック

 

家庭用キャビテーションを使うにあたって、気を付けたほうが良い注意点もあります。いくつかまとめてみたので、参考にしてください。購入した商品の説明者にも書いてあることなので、使用前にきちんと確認することが対得s津です。

 

ペースメーカーなどとは併用できない

 

体内に埋め込むペースメーカーのような医療用電子機器を使用している人や、人工心肺などの生命維持用電子医療機器、心電計のような装着型医療用電子機器を使用している場合は、家庭用キャビテーションを使用出来ません。機械の誤作動の恐れがあるからです。

 

ペースメーカーを埋め込んでいない場合でも、心臓疾患を抱えている人や、病気治療中の人は使用してはいけないとされています。

 

家庭用キャビテーションを使用できない人

 

その他にも、皮膚に炎症などの炎症がある人、アトピーやアレルギーで肌が敏感な人、飲酒後、体調の悪い人などは使用しないようにしましょう。

 

キャビテーションで分解された脂肪の一部は、老廃物として肝臓へ運ばれます。そのため肝臓の悪い人も使用は控えましょう。

 

生理中、妊娠中、授乳中などもよくありません。妊娠中の使用が良くないのは、は超音波振動が胎児に影響を与える可能性がありますし、必要な脂肪まで落としてしまう可能性があるからです。これらの時期は体のホルモンバランスが通常と違うので、思わぬ体調不良に繋がる可能性も考えられます。

 

使ってはいけない場所は?

 

家庭用キャビテーションは、どのような場所にも使えるわけではありません。商品によって異なりますが、顔に使えない家庭用キャビテーションもあります。威力を調整して顔に使用出来るモードが搭載されていれば良いですが、そうでない場合の使用は控えましょう。

 

そのほかには、傷口や肝斑への使用、整形している部位やプラスチックやシリコン、金属などを埋め込んでいる部位への使用が禁止されています。

 

また元から脂肪が少ない場所や骨っぽい場所への使用も良くありません。手首や足首、肘や膝などへの使用は避けましょう。

 

家庭用キャビテーションの効果を高める秘訣

 

 

家庭用キャビテーションを使うときにジェルを使います。このジェルの働きとしては、ヘッドと肌の摩擦を減らすこと、ジェルの水分で超音波を伝えやすくすること、美肌効果などがあります。

 

さらにスリミング効果のあるものなら、より効果が高まると考えられます!

 

基本的に家庭用キャビテーションには専用のジェルがあります。専用ジェルは肌の引き締め効果のある成分が配合されているものもあり、より高い効果が得られるように考えられています。専用ジェル以外でも使用は出来ますが、機械の性能を高めるよう考えて作られているので専用ジェルの使用がおすすめです。

 

ちなみに専用ジェル以外を使う場合、オイル系やスクラブ系などはNGとなっています。

 

家庭用キャビテーションと業務用の違い

 

 

家庭用キャビテーションとエステなどで受けられる業務用のキャビテーションは仕組みは同じですが、もちろんまったく同じということはありません。どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

 

周波数が異なる

 

超音波をあてて施術を行うキャビテーション。家庭用と業務用ではその超音波の周波数がことなります。超音波の周波数は数字が小さいものほど、皮膚の奥まで作用するとされています。業務用の機械ではしっかりと脂肪に働きかける周波数となっていて、17kHz〜40kHzとなっています。

 

当然パワーの強いものほど扱いに注意が必要となるので、家庭用のマシンと業務用のものとを同性能にすることは出来ません。そのため家庭用のキャビテーションは、エステなどで行うのと比べると効果は弱いです。

 

コストの違い

 

エステで受けられるキャビテーションは効果が高いですが、その分お値段もそれなりにします。エステによっても異なりますが、初回のお試し価格でも5,000円前後。通常メニューになれば数万円となってきます。マッサージなども含めたしっかりとした施術が受けられるとはいえ、何度か通うとなるとお財布に優しくありません。

 

 

家庭用キャビテーションの機械も安い買い物ではありませんが、一度買ってしまえば電気代と消耗品のジェルにかかる費用のみです。一回に数万円かかるエステと違って、コストは安くなります。

 

時間や施術場所

 

業務用のキャビテーション機械で施術を受けるためには、エステの予約を取りお店まで行かなければいけません。お金だけでなく、時間の制限もあります。しかし家庭用キャビテーションなら、もちろん自宅で好きなときに使用可能。

 

充電式なら充電しておかなければいけないといった制限はありますが、家でテレビを観ながら、お風呂上りになど、自分のタイミングで行えるので手軽です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?人気の家庭用キャビテーション機器、似ているようでもそれぞれに特徴があります。使える部位や得意とする部位も異なるので、自分が使いやすいと感じるものを選んでください。気になる商品があれば、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。お気に入りの一台を見つけて、きれいを目指しましょう!